わらびのりとサッカーとブログ

Jリーグ、ルヴァンカップ、天皇杯、大学サッカー、ユースサッカーなどの国内サッカー試合レポートなどを書きます。

日本代表欧州遠征メンバーリストから、最終メンバーを予想してみる

ということで(?)、A代表のメンバーが発表されました。
http://www.jfa.jp/national_team/news/00016421/

日本代表欧州遠征メンバー

GK

川島永嗣(FCメス/フランス)
東口順昭(ガンバ大阪)
中村航輔(柏レイソル)

DF

酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
遠藤航(浦和レッズ)
長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
宇賀神友弥(浦和レッズ)
昌子源(鹿島アントラーズ)
植田直通(鹿島アントラーズ)
森重真人(FC東京)
槙野智章(浦和レッズ)

MF

三竿健斗(鹿島アントラーズ)
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
山口蛍(セレッソ大阪)
大島僚太(川崎フロンターレ)
柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
森岡亮太(アンデルレヒト/ベルギー)

FW

本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
久保裕也(ヘント/ベルギー)
宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)
原口元気(デュッセルドルフ/ドイツ)
中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)
大迫勇也(ケルン/ドイツ)
杉本健勇(セレッソ大阪)
小林悠(川崎フロンターレ)

以上、日本代表に招集されたメンバー26名。
3月23日にマリ代表、3月27日にウクライナ代表と対戦します。

まぁ、いろいろ思うところはあるんですが、
最終追試みたいなメンバーが気になりますかね。
宇佐美とか森重とか宇賀神とか。

ロシアワールドカップ日本代表候補メンバー序列

今回のリストからはなんとなく最終メンバーの輪郭が見えてくるというか
誰が当確で、誰が当落線上なのか、
そしていないメンバーから、誰がほぼ脱落なのか、
分かってくると思います。

なので、ポジション別に、まとめて見ました。

ちなみに
・上から序列が高い
・赤字は確定
・青字は脱落?
です。

あと、先に言っとくと、特別に目新しかったり斬新な話はありませんのでご容赦ください。笑

GK

川島
中村
東口
西川
林、権田
六反

昨年後半に巻き返していた西川が落選。
さすがに今年の浦和レッズの状況だと厳しいし、コンディション的にもイマイチに見える。

東口もガンバ的には不調だったが、それでも東口が選ばれているので、序列ははっきりと東口が上。
川島、中村、東口の3名で、最終メンバーはほぼ確定と言える。

DF

右サイドバック

酒井宏
遠藤、酒井高
西、室屋、米倉

なんだかんだで酒井宏が代表でもクラブでも低位置を確保できており、確定。

酒井高がなぜ今回メンバー外かよく分からない(ボランチとかやってるから?)が
遠藤との二番手争いは最後まで続きそう。

兼任できそうな長友とかを除くと、実は候補は少なく、
酒井宏+遠藤or酒井高でしょう。

左サイドバック

長友
車屋(、酒井高)
宇賀神、山本
藤春

代表にも継続して選ばれ続けている長友は確定と見ていい。
懸念だった出場機会も、移籍によって担保できている。

左右をこなす酒井高は別枠として、
これまで二番手は複数の選手が試されてきたが
今回の選出からも車屋の序列が結構高そうなことが伺える。

初期メンバーだった藤春は、最近メンバー入りできておらず、正直厳しい。

センターバック

吉田
槙野、昌子
植田、森重
三浦、谷口、丸山

吉田、槙野、昌子は確定。
そして吉田のケガによって、アピールのチャンスが生まれている。

今回のメンバーリストではっきりしたのが、
4番手を、植田と森重で争うこと。
バックアッパーとして継続して選ばれ続ける植田が一歩リード。
初期にスタメンだった森重は
調子が良いとはお世辞にも言えない状態だが
それでも選ぶあたりに期待の大きさが伺える。

森重がダメであっても植田が選ばれるので、
三浦・谷口・丸山は残念ながらほぼ絶望的。

MF

長谷部、山口
井手口、今野、清武
大島、柴崎、三竿、森岡
長澤、小林祐、高萩、倉田、香川

一貫して選ばれ続けている長谷部と山口は確定。
前者はキャプテンとしても重要で、
後者は不調時であっても頑なに選出されている。

続くのは2段目に置いた3選手のはずなのだが、
今野と清武はケガ、井手口は海外移籍後に出場機会を失っている。
これまでの召集暦などから見ても、
彼らはクラブで出場できればほぼ選ばれるだろう。
わりと全治が長い清武だが、多分間に合う。(よね?)

今回、彼らが選ばれない中で召集された大島、柴崎、三竿、森岡は、当落線上にいる。

三竿は長谷部・山口・井手口・今野の枠として. バックアップの力をテストされるが、
大島・柴崎・森岡は恐らく若干事情が異なる。
ボールを動かしてチャンスを作れる
このメンバーリストの中では希有なタイプであり
仮に2段目の3選手が全員選ばれるとしても
この中から最低でも1名は残ると見てよいのでは。

過去に出場機会のあった長澤、小林、高萩、倉田は、
ここで呼ばれないということは. 序列的には劣っていると考えられる。

そしてそれは、香川も同様。
クラブで圧倒的な高パフォーマンスを出すか、
あるいは清武が間に合わず、
かつ大島・柴崎・森岡にも満足できない場合に、
チャンスがあるか。

FW

右ウイング

久保
浅野、本田(、宇佐美、小林、中島)
伊東(、武藤)

呼ばれ続けている久保は確定。

浅野も確定と思いきや、出場機会を失ってしまい、メンバー外に。

久しぶりに本田が呼ばれたが
右も出来るFWが意外と多いので
この2試合でどうやって試されるかは注目。

チームでも好調を維持する伊東は選外。
本田もフィットせず、浅野もチームで出れず、
そして兼任できそうな選手たちもイマイチだったときしか、
チャンスは回ってきそうに無い。

左ウイング

原口
乾、宇佐美、中島
(香川)

ハーフで出場させたりするハリルホジッチの起用方法や
召集暦からしても、原口は間違いなく確定。

続くのは乾のはずだが、なぜか選外。
今回のメンバーの最大の謎と言える。

クラブで結果を出している宇佐美と中島がインパクトを残せれば
ジョーカー枠としてメンバーに残る可能性がある。

トップ

大迫
杉本
小林悠、金崎、川又、武藤、興梠、(、浅野)
岡崎

ここも大迫が確定。

続くのは、あえて選ぶなら杉本だろうか。
試される機会が多く、期待が高そう。

他の選手が僅差で続くが
杉本で大迫の控えに目処が付かない場合に、小林で十分なのかが今回テストされる。
そもそも3段目の選手からは選ばれない可能性すらある。

ここまでの召集暦からすると、岡崎が選ばれる可能性は極めて低い。

ロシアワールドカップ日本代表最終メンバー予想

ここまでをまとめると以下になります。

GK

川島
中村
東口

DF

酒井宏
遠藤or酒井高
長友
車屋or酒井高
吉田
槙野
昌子
植田or森重

MF

長谷部
山口
井手口or三竿
今野
清武
大島or柴崎or森岡

FW

久保
浅野or本田
原口

大迫
杉本
宇佐美or小林or本田or中島or大島or柴崎or森岡

これでちょうど23人です。
まぁ、あんまり代わり映えはしないんですが。
そして予想といいながらorを多用してますが。

でも、整理していくと、こうなります。
希望とか好みとか一切抜きで。

そして、ここに上げた選手たちで計算が付かない場合にしか、
香川や岡崎の出番は無いような気が、整理しながら感じました。

とりあえず、直近の2試合と、それに向けたトレーニングで、
当落線上のメンバーがどれだけアピールできるか。
今回の26人には、最終メンバー入りの可能性が十分ありますので
それらの選手に注目していきたいです。