わらびのりとサッカーとブログ

Jリーグ、ルヴァンカップ、天皇杯、大学サッカー、ユースサッカーなどの国内サッカー試合レポートなどを書きます。

2018年J2リーグ順位予想

プレビューまとめ記事はコチラ

もう一試合終わっているので後出し感が半端ないのですが、J2も予想しときます。

例年よりも戦力的に抜けたチームが少なく
いつも以上に拮抗するシーズンになりそうですが、
一方で、上位何チームかはほぼ決しているような気もしています。


2017年のJ2順位表がこちら。

順位 / 勝ち点 / チーム
1 / 83 / 湘南ベルマーレ ※昇格
2 / 80 / V・ファーレン長崎 ※昇格
3 / 75 / 名古屋グランパス ※昇格
4 / 74 / アビスパ福岡
5 / 70 / 東京ヴェルディ
6 / 68 / ジェフユナイテッド千葉
7 / 67 / 徳島ヴォルティス
8 / 66 / 松本山雅FC
9 / 64 / 大分トリニータ
10 / 63 / 横浜FC
11 / 59 / モンテディオ山形
12 / 57 / 京都サンガF.C.
13 / 55 / ファジアーノ岡山
14 / 54 / 水戸ホーリーホック
15 / 51 / 愛媛FC
16 / 50 / FC町田ゼルビア
17 / 49 / ツエーゲン金沢
18 / 46 / FC岐阜
19 / 38 / カマタマーレ讃岐
20 / 38 / レノファ山口FC
21 / 37 / ロアッソ熊本
22 / 20 / ザスパクサツ群馬 ※降格

そして、こちらが2018年の予想。

順位 / 2017年順位 / チーム
1 / 4 / アビスパ福岡
2 / J1_17位 / アルビレックス新潟
3 / J1_18位 / 大宮アルディージャ
4 / 6 / ジェフユナイテッド千葉
5 / 5 / 東京ヴェルディ
6 / J1_16位 / ヴァンフォーレ甲府
7 / 13 / ファジアーノ岡山
8 / 8 / 松本山雅FC
9 / 10 / 横浜FC
10 / 12 / 京都サンガF.C.
11 / 7 / 徳島ヴォルティス
12 / 14 / 水戸ホーリーホック
13 / 11 / モンテディオ山形
14 / 15 / 愛媛FC
15 / 17 / ツエーゲン金沢
16 / 9 / 大分トリニータ
17 / 20 / レノファ山口FC
18 / 21 / 栃木SC
19 / 19 / カマタマーレ讃岐
20 / 16 / FC町田ゼルビア
21 / 22 / ロアッソ熊本
22 / 18 / FC岐阜


アビスパ福岡を優勝と予想。
新潟・大宮・甲府は、J2で抜けているとはいえ
過去のJ1常連組がJ2に参加するときほどの戦力的な差は無い。


その中で、タレントが多い&守備力が高いアビスパは、総合力でJ2降格組に劣らない。
ウェリントンの流出は痛いが、頼っていたところをチーム全体で改善できれば
さらにもうワンランク上のチームになれるので、逆にとても良い機会。


続くのは、アルビレックス新潟か大宮アルディージャ。
共にJ1クラスの戦力を保有するチーム。
総合力なら新潟に分があるが、大宮にはシモビッチが加入したことが非常に大きい。


ジェフ千葉と東京ヴェルディは、昇格を狙う勝負の年になる。
前者はエスナイデル監督、後者はロティーナ監督が
昨年大きくチームを変化させ、一定の成果を残した。
プレーオフ圏内は至上命題、自動昇格圏内も十分に狙える。
安西・安在の両サイドバックが抜けたダメージが大きそうな東京Vを千葉の下に予想。


ヴァンフォーレ甲府は降格組みの中で最も低い6位予想。
これよりも上に予想した福岡・新潟・大宮・千葉・東京Vと比べると
タレントでもチーム力でも一歩劣る。


7位~9位に予想したファジアーノ岡山・松本山雅FC・横浜FC。
このへんまでがプレーオフ圏内を狙えると予想。
岡山と松本はJ2内では比較的戦力的に充実しておりチーム力も高く、安定した戦いができる。
横浜FCは安定感で劣るも、FWイバの存在が大きい。


京都サンガはいつも通り戦力充実だが、内訳が異なり、中盤から前は若手が多い。
楽しみではあるのだが、だからこそ土台を作る1年になるのではないだろうか。


大きめに順位下降予想をしたのは
徳島ヴォルティス(7位→11位)と大分トリニータ(9位→16位)。
去年が少し出来すぎたかなーと正直思っているのと、
徳島は馬渡の放出が結構響くと予想。


水戸ホーリーホックは、大幅に選手を入れ替えた。
前評判はやたら良いが、なんだかんだこのあたりだと思う。


個人的に注目しているのが愛媛。
若い選手が多く、ハマったときは面白そう。
メンタル面含めてシーズンを戦い抜ける体力があるかどうかも重要になってきそう。


昇格してきた栃木は、実績のある選手が結構多く、
大黒とネイツペチュニクで点が取れると思うので、残留予想。
中位は十分ありえる。


そして降格予想は、FC岐阜と、ロアッソ熊本。

熊本は補強は面白そうだが、上手くはまるか。
岐阜はもっと危ない。庄司の穴は恐らく埋まらない。
どうやって勝ち点を拾っていくか考え直したい。

プレビューまとめ記事はコチラ





twitterフォローとかブックマークとか読者登録とかしてくれると喜びます
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓