わらびのりとサッカーとブログ

Jリーグ、ルヴァンカップ、天皇杯、大学サッカー、ユースサッカーなどの国内サッカー試合レポートなどを書きます。

2018年J1チーム戦力分析&プレビュー/横浜Fマリノス

プレビューまとめ記事はコチラ

横浜Fマリノスのスタメンとフォーメーション

ーーーウーゴヴィエイラーーー
ユンーーーーーーーー大津
ーーーー扇原ーー天野ーーーー
ーーーーーー喜田ーーーーーー
山中ーデゲネクー中澤ーー松原
ーーーーーー飯倉ーーーーーー

その他の主な選手

FW:伊藤、和田、町野
MF:仲川、イッペイ・シノヅカ、ダビド・バブンスキー、遠藤、中町
DF:下平、金井、栗原
GK:鈴木、原田

※赤字は新戦力(レンタルバック含む)

4-3-3で、アンカー型かダブルボランチか微妙だが、前者っぽい。

GK-仕事が多そうだが、それでも飯倉が不動

ハイラインサッカーでは
GKのフィールドプレーヤー力が試されるので
若い選手にもチャンスはあるはずだが
それを加味しても、経験・実績・能力で、飯倉が抜けている、

DF-昨年と同じ顔ぶれ

アンジェ・ポステコグルー新監督は
相当なハイラインだったり、
サイドバックをボランチ的に使って
5レーンモデルっぽいことをやろうとするらしい。

スピードのある選手をCBにおきたいところだが、
とはいえメンバーリストを見ると
センターバックもサイドバックも昨年そのままだろう。
齋藤学が抜けた左ウイングに目処が経たないならば
山中を上げて、下平を左SBで使うプランが有り得る。

MF-天野+中町or扇原と、アンカー喜田?

中盤は、確定しているのは天野くらい。
ヨーロッパ監督が好きそうな扇原が起用されると予想。
前述の通り、三角形か逆三角形かが読めない。

FW-齋藤学の穴を新戦力で埋める

ユン・イルロクと、いきなり怪我してしまった大津の
新戦力2名がウイング候補。
右は大津復帰まで仲川・遠藤・イッペイシノヅカの3名で勝負。
ワントップはウーゴヴィエイラが結果を残せない場合、伊藤になる。

総評-新監督の新サッカーで旋風を起こせるか

偽サイドバックやハイラインや5レーンなど
あまりJリーグではなじみの無いところが多く、
もっというとマリノスのカラーとも結構違うので
どんな形に仕上がるかかなり楽しみですが
相変わらず得点力がちょっと怪しい。
いかに早く浸透させて形を作れるかが結構重要そう。

プレビューまとめ記事はコチラ