わらびのりとサッカーとブログ

Jリーグ、ルヴァンカップ、天皇杯、大学サッカー、ユースサッカーなどの国内サッカー試合レポートなどを書きます。

2018年J1チーム戦力分析&プレビュー/ジュビロ磐田

プレビューまとめ記事はコチラ

ジュビロ磐田のスタメンとフォーメーション

ーーーーーーー川又ーーーーーーー
ーーアダイウトンーーー中村ーーー
ギレルメームサエフー田口ーー櫻内
ーーー森下ーー大井ーー高橋ーーー
ーーーーーカミンスキーーーーーー

その他の主な選手

FW:小川、中野、モルベッキ
MF:太田、松浦、山本、宮崎、松本、山田、伊藤
DF:藤田、新里、小川
GK:八田

※赤字は新戦力(レンタルバック含む)

シーズン途中で4バックにするのも有り得そうだが、一応3バックで。
ボランチで大活躍した川辺のレンタルバックは痛いが
ストーブリーグの動きは比較的少なく
ほぼ昨シーズンままの布陣が予想される。

GK-絶対的な存在のカミンスキーに、八田が控える

八田も能力はあるが、それでもカミンスキーの座は揺らがない。
Jリーグでもトップクラスのゴールキーパーと言える。

DF-変化無し。昨年と同じく大井が軸

昨シーズン、非常に高いパフォーンマンスだった大井の存在が大きい。
メンバー的にも新里を獲得したくらいなので、
3バックで臨む限り、メンバーは大きく変わらない。
4バックでも、森下が外れて両ウイングバックが下がるくらいだろう。

MF-注目は、川辺の穴埋めと、山田の使い方

長くポジションを掴んだ川辺が移籍。
獲得した田口は、川辺とは結構タイプが違うのでどこまでフィットできるか。
山田や松本、そしてアンダー代表で評価が高い伊藤に、可能性がある。

ギレルメは、マリノスのドゥトラっぽいのが欲しいとのリクエストで
獲得した選手?らしい。 近年の磐田はスカウト力が上がっていて
助っ人外人も外れていないので、期待できそう。

アダイウトンと中村は、システムに関わらず不動の存在。
引き続き磐田の主力として、攻撃をリードする。

ところで、能力からすると山田を使いたいのだが、
どうしても使う位置が無い。
4バックにして中盤の枚数を増やすプランが有りえるか。

FW-川又に、小川と中野が挑む

ワントップ適性も加味すると引き続き川又が優先されそう。
だが、小川と中野も能力が高い。二番手争いは激しい。

総評-方向性は継続。昨年6位からアップ出来るか

中村・アダイウトン・川又といった「飛び道具」を有し
失点数が少ない安定したチーム作りに成功し、
6位という結果を残した。

これはこれで、安定して上位を狙える。
が、これより上を狙うために、
抜本的な変化こそなさそうだが、
システムや選手選考を少しいじって
より高いレベルに進化させようと
チャレンジしてくる可能性が十分ある。

プレビューまとめ記事はコチラ



twitterフォローとかブックマークとか読者登録とかしてくれると喜びます
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓