わらびのりとサッカーとブログ

Jリーグ、ルヴァンカップ、天皇杯、大学サッカー、ユースサッカーなどの国内サッカー試合レポートなどを書きます。

2018年J1チーム戦力分析&プレビュー/清水エスパルス

プレビューまとめ記事はコチラ

清水エスパルスのスタメンとフォーメーション

ーーチョンテセーークリスランーー
ーー楠神ーーーーーーーー金子ーー
ーーーーー竹内ーー増田ーーーーー
ー松原ーソッコーー角田ーー飯田ー
ーーーーーーー六反ーーーーーーー

その他の主な選手

FW:長谷川、デューク・カルロス、北川
MF:白崎、村田、石毛水谷、六平、河井、兵働
DF:フレイレ、二見、立田、清水、鎌田
GK:西部、植草、高木和

※赤字は新戦力(レンタルバック含む)

ヤンヨンソン監督のサンフレッチェ広島での実績からしても、
清水エスパルスの選手リストからしても、
4-4-2フラット系を採用すると考えられる。

GK-選手層は厚いが六反が一歩リード

引き続き六反が正GKとなりそうだが
西部・植草・高木和らはいずれも能力が高く
パフォーマンスによっては入れ替わりも有り得る。

DF-新加入のファンソッコが軸。右SBは飯田?

ファンソッコはDFラインの中心となれる選手。
左右サイドバックも可能だが、センターバック専任だろう。

センターバックと左サイドバックの層が薄い一方、
右サイドバックは飯田・清水・鎌田(+六平や河井)と候補者が多い。

MF-駒は多いが、怪我がちな選手も多い

予想が最も難しい。
怪我がちな選手が多い中、
キャプテン竹内は比較的丈夫なのでボランチの中心か。

サイドは金子がFW起用で無くMF起用が多くなりそうで、
もう一枚のサイドはコンディションさえ良ければ楠神だろう。

FW-チョンテセ頼みから脱却できるか

仙台からクリスランを獲得。
ただ決定力に乏しいタイプなのが気がかり。
チョンテセ任せになってしまって
コンディション次第で心中する結果にならなければ良いが…

総評-守備はある程度計算できる。問題は得点力

ヤンヨンソンの4-4-2ゾーンはわりと固く守れるのと、
センターバックのファンソッコ加入は非常に大きいので、
やっぱり攻撃面が問題。

近年のチョンテセを見るとシーズンフル稼働は難しそうなので、
クリスランが大当たりでもしない限りは
北川、白崎、石毛、金子、そして楠神あたりの貢献が
残留には必要不可欠。

プレビューまとめ記事はコチラ



twitterフォローとかブックマークとか読者登録とかしてくれると喜びます
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓