わらびのりとサッカーとブログ

Jリーグ、ルヴァンカップ、天皇杯、大学サッカー、ユースサッカーなどの国内サッカー試合レポートなどを書きます。

2018年J1チーム戦力分析&プレビュー/湘南ベルマーレ

プレビューまとめ記事はコチラ

湘南ベルマーレのスタメンとフォーメーション

ーーーーイ・ジョンヒョプーーーー
ーーーアレンーーーー梅崎ーーーー
ー杉岡ーー秋野ーー小林ミキッチ
ーー大野ーーアンドレーー山根ーー
ーーーーーーー秋元ーーーーーーー

その他の主な選手

FW:野田、端戸、表原、山口
MF:高山、菊地、石川、藤田、齋藤、松田
DF:岡崎、岡本、石原、、島村
GK:富居、後藤

※赤字は新戦力(レンタルバック含む)

システム自体は3-4-2-1で確定。 だが、選手の獲得と放出が多い上
ショウキジェ監督は結構いろんな選手を使っていくタイプなので、
メンバー予想はかなり難しい。

GK-昨年と変わらず秋元が正GK

数こそいるが、GKの選手層は決して厚くない。
秋元で確定だろう。

DF-大野+アンドレ+誰か。

アンドレと、湘南に戻ってきた大野が中心になる。
もう1人は、昨年大きく経験を積んだ山根が使われそう。 能力値だけで選ぶと杉岡を左バックで使うことになるが…

MF-右サイドとボランチ一枚の競争が激しい

10番を背負う秋野と、左サイドで使われそうな杉岡は、外せない。

秋野の相方ボランチは、昨年に引き続き石川と菊地の争いだが
ポテンシャルを考えると
柏で定位置を掴みかけた小林を推したい。

右サイドはミキッチがどれだけ働けるか。
ダメなら岡本、石原、藤田、松田あたりか、
あるいはユーティリティーな梅崎が頑張ることになる。

FW-外国人を総入れ替え。フィットできるか

シャドーは端戸や梅崎あたりが面白いが. とはえい決定力という面ではどうしても
イ・ジョンヒョプとアレン・ステバノヴィッチという
未知数の新外国人2名に期待がかかる。

総評-攻撃陣入れ替えがギャンブル?どう転ぶか

大野をプラスした守備陣は大丈夫だが、問題は攻撃陣。
ミキッチや梅崎は実績があるので計算できるが
FWの新外国人が得点できるかが明暗を分けそう。

プレビューまとめ記事はコチラ